INTERVIEW

アルタナ就活
コミュニティ
参加者の声。

  1. HOME
  2. プロフィール・インタビュー
  3. 社会の北極星を目指して「時間革命」を目指す社長の挑戦

社会人
黒崎賢一
IT

社会の北極星を目指して「時間革命」を目指す社長の挑戦

プロフィール
株式会社BearTail 代表取締役の黒崎と申します。
個人向けに家計簿アプリ「Dr.Wallet」、法人向け経費精算システム「Dr.経費精算」を開発し、無駄な時間を省き、豊かな時間を作る社会の指標となるべく尽力しています。
私は高校時代より6年間、朝日インタラクティブCNET Japanを筆頭にフリーランスの テクニカルライターとして、主にウェブサービスやスマホアプリにおけるセキュリティ対策など技術専門性の高い領域の執筆を担当していました。筑波大学で情報学を専攻した仲間とともに、大学在学中の2012年6月に株式会社BearTailを設立致しました。

筑波大学時代には、素晴らしい仲間と知り合うことが出来ました。 筑波大学情報学群情報メディア創成学類にAC入学させていただき、技術好奇心の高い専門性を高めていこうと考えている創業メンバーと知り合うことが出来ました。創業時は、3LDKのマンションを借りて、オフィス件住居にて全員でルームシェアして過ごしました。この強い結束力があったため、その後の苦しい逆境にも一緒に立ち向かうことが出来ました。
当社は何度か事業転換を行っております。実は創業時は筑波大学生特化型のサービスを起ち上げておりました。賃貸物件検索、美容室選び、アルバイト情報検索など筑波大学生に特化したサービスを起ち上げつつ、最安値自動注文代行サービスなどを開発していましたが、こういったサービスでは成長の限界を感じ、2013年より家計簿アプリの開発をスタート致しました。現在150万人の方にご利用いただいております。

家計簿アプリDr.Wallet 弊社が家計簿アプリの開発を始めた当初、既にOCR(自動文字認識技術)を用いた家計簿 アプリは何種類かリリースされていましたが、どのサービスも1回で正確なデータを読み取る事は難しく、結局手で打ち込まなければいけないものばかりでした。我々は、撮影されたレシートを、全国の約2,000人のクラウドソーサーの手を借り、OCRと人力のハイブリッドによって入力精度99.98%を誇ります。

経費精算システムDr.経費精算 家計簿アプリでの実績とノウハウを活かして、2016年2月より法人向けの経費精算システム「Dr.経費精算」をリリース致しました。現在、川崎汽船様、ドリームインキュベータ様を始めとした160社の企業様でご導入いただいております。
電子帳簿保存法の改正に伴い、今年度よりスマートフォンなどで撮影されたデータが原本の代わりとして認められるようになったことも追い風となり、導入企業様からは厚いご支持を頂いております。経費精算をクラウド化する事で、これまで無駄な時間を費やしていた経費精算業務を徹底的に効率化するとともに、領収書のペーパーレス化も実現できます。

当社のビジョンを体現し続けていきたい
「無駄な時間を省き、豊かな時間を作る。北極星のように社会の道標となろう。」
社名の「BearTail」は熊のしっぽを意味する造語です。
夜空を見上げると、北極星が見えます。

こぐま座のしっぽ部分に位置する北極星のように、世の中の道しるべとなるような、大きな価値を届ける存在になりたい。

そういう思いをBearTailに込めました。

価値定義の、ものさしとなるのは時間だと思います。

いかに多くの時間を僕らのサービスに使ったのか、無駄な時間を減らせたのか、豊かな時間を作れたのか。

その人の人生にとって、価値ある時間となり、良い方向へ導くのがBearTailの作るサービスだと考えています。

今後もこのビジョンを体現し続けていきたいと考えております。